平屋と2階建てで迷ってる?そんな初心者にも特徴や魅力をわかりやすく説明します!

このサイトでは、平屋についての情報を扱っています。
二階建てにはない特徴や間取りの決め方など、役に立つ情報が充実しています。
そのため、情報を仕入れて家の購入の検討をしたいと考えている方におすすめです。
タイトルで記事の内容がわかるようになっており、知りたい部分だけを拾い読みすることもできます。
家の購入には多額の費用がかかり、安易に決めると後悔するので、情報を仕入れて検討するようにしましょう。
こちらはその際にきっと役立つはずです。

平屋と2階建てで迷ってる?そんな初心者にも特徴や魅力をわかりやすく説明します!

平屋建ての魅力は、階段の上り下りをする必要がないことや、比較的コンパクトなのでメンテナンス費用が抑えられること、家族とのコミュニケーションがとりやすいことなどを挙げることができます。
二階建ては、二階分のスペースが使えるので広く使えることや、二階からの眺望を画することができることなどがメリットです。
平屋も二階建てもこのように特徴が異なり、どちらが良いかは家族構成や好みの問題となるので、比較して決めましょう。

2階建て以上の住宅にはない平屋で感じられる良さとは?

平屋には、2階建て以上の住宅にない良さがいくつもあります。
多くの人が魅力的に感じる良さとは、生活がコンパクトになる点です。
2階建ての場合は家事をする場所が上下に散らばっているため、一日に繰り返し階段を上り下りしなければいけません。
しかし平屋には階段がないため上り下りをする必要がなく、家事をする場所も1階に集約されています。
そのため生活動線がコンパクトになり、家事のストレスも感じにくいです。
細々とした無駄な移動時間を減らすことができますから、効率的に家事もできるでしょう。
階段がないことには多くのメリットがあり、転落などの事故を防止できることもその一つです。
小さな子どもや高齢者がいる家庭では特に家庭内の事故に気をつけなければいけませんが、階段のない平屋ならリスクも抑えられるでしょう。
他にも階段に必要なスペースを考えなくて良いので、平屋の間取りは2階建て以上の住宅よりも自由度が高くなるとされています。

日当たりの良い平屋を建てるための工夫

平屋は、敷地面積が広くなりがちです。
そのため窓から離れた建物の中心ほど太陽光が届かなくなり、一般的には日当たりが悪いとされています。
しかし日当たりが良くなるように工夫をすることで、室内のどこにいても太陽光が届くようにすることが可能です。
平屋で工夫をしたいのは、中庭と天窓に間取りです。
建物をコの字型やロの字型にして中心に庭を作ることで、中心に近い部分にも窓をつけることができます。
窓ができればそこから太陽光が届くようになり、室内全体が明るくなるでしょう。
また中庭だけではなく天窓もつけることにより、窓がなくても天井から光が降り注ぐようになります。
天窓は掃除ができなかったり費用が高くなるなどのデメリットがあるものの、改善策としてできることの一つです。
中庭も天窓も難しいなら、平屋の中心にはクローゼットなど窓が必要なスペースを配置するのもおすすめです。
日光が当たらなくても良い、むしろ当たらない方が良い収納スペースなどを平屋の中心に据えることで、問題を解決できます。

スペースが限られる平屋の収納力をアップさせるコツ

平屋の収納力をアップさせるには、デッドスペースの活用と配置場所が重要です。
たとえば屋根と天井の間にはちょっとした空間があるため、小屋裏収納を作ると良いでしょう。
年に数回しか使わない家電やスポーツ用品などを保管しておくのに、ピッタリのスペースになります。
平屋は床下の活用も重要で、キッチンなら食品や調味料などを保管できますし、玄関ならガーデニング用品やアウトドアグッズなどを入れておくと良いでしょう。
リビングにも作っておけば、子どものおもちゃやお掃除道具の保管場所に使ったりできます。
デッドスペースの有効活用だけではなく、平屋では配置場所も重要です。
具体的にはキッチンの側ならパントリーを配置したり、玄関には靴だけではなくコートなども保管できるクロークがあると便利です。
つまりその場所で使うものを保管するためのスペースを作ることで、利便性が増すため不便を感じなくさせることができます。
これらのコツを意識しながら、プランを考えるのがおすすめです。

平屋を建てるなら気をつけたいデメリット

平屋には、いくつかの気をつけたいデメリットがあります。
たとえば2階建て以上の住宅なら縦に空間を活用できるため、狭い敷地でもゆとりのある家を建てることは可能です。
しかし平屋は2階以上の部分がないために、ゆとりのある家にしたいなら土地も広くなければいけません。
また日当たりや風通しが悪かったり、プライバシーや防犯面からも不安があります。
さらに一般的には価格が高くなるイメージもあるので、予算を抑えたい場合は不向きと考えるでしょう。
ですがこれらの平屋にあるデメリットは、対策をすれば解消できる可能性が高いです。
日当たりや風通しに対する具体的な対策方法には中庭を設けると解消可能ですし、プライバシーや防犯対策も外構のデザイン次第で2階建てと遜色ないレベルにまで引き上げることができます。
建築費用も実際は面積が狭いため2階建て以上よりも安くなり、室内の広さも設計次第ではゆとりのある平屋を実現することはできます。

階段がない平屋はすべての世代におすすめの住まい

平屋の良いところは、階段がないところです。生活空間がワンフロアで解決するため、自宅の中で上ったり下りたいする必要がありません。
そのため家事が非常に快適で、たとえば2階建て以上の住まいなら1階にある洗濯機で洗濯をして、2階に持っていてベランダに干すという行動をしなくて良いです。
階段の上り下りは非常に面倒ですし、特に高齢になるとそれだけで体力が削られてしまいます。
平屋では洗濯物は庭で干すので毎日の洗濯が快適になり、掃除も掃除機を2階まで持ち運ぶ必要がないので家事が楽になります。
他にも高齢になったら生活空間が1階を中心にしがちですし、病気などで体が不自由になったら2階は使いにくいでしょう。
高齢者だけではなく子どもが小さいうちは一瞬たりとも目を離せないので、そばで見守りやすい平屋は、若い世代の人々にも向いています。
すべての若い世代から高齢者まで、全ての人々にとって暮らしやすい住まいが平屋の魅力です。

平屋なら将来のメンテナンス費を節約できる

一軒家は、購入後のメンテナンスも重要です。
定期的にメンテナンスをすることで、家は長持ちし資産価値の低下も防ぎます。
しかしメンテナンスをするときは費用が高額で、外壁や屋根の塗装をするだけでも1回数百万円が必要です。
住宅ローンを支払いつつ定期的に高額なメンテナンス費も必要なら、負担はかなりのものになるでしょう。
ですが平屋なら、メンテナンス費を節約できます。費用を節約できる理由は、平屋はシンプルな形状をしているからです。
そもそも外壁や屋根塗装の料金は、建物や屋根の形状で大きく変わってきます。
基本的に複雑な形状であるほど費用は高額になるため、シンプルな建物や屋根になりやすい平屋なら抑えられます。
特に外壁は2階以上の部分がないためそれだけ節約できるので、定期的に塗り替えをしても負担は大きくありません。
建てるときに平屋のメンテナンスまで考えて設計すればさらに節約できるので、ランニングコストを考えたときにもおすすめの住まいです。

平屋住宅でプライバシーの問題を解決するための便利な方法

平屋住宅は普通の2階建て戸建て住宅よりも意外と施工料金が高いと言われており、贅沢な住宅として人気はあります。
通常では坪数の広い敷地内に建築することが多く、道路や隣接する住宅との距離が長いことでプライバシーの確保は行えるものですが、そうではない環境や近隣にマンションなどが建てられているような場所では工夫を行うことでストレスを感じない快適生活を送ることができます。
平屋の場合は窓ガラスは当然ながら1階部分にしかないものなので、簡単に済ませる方法ではスリット式のフェンスを設置する方法は便利です。
資金を費やす方法では外から見られてしまう窓ガラスの位置の屋外側にテラスを設置して、目隠しフェンスも取り付ける方法も効果的です。
もしも土地面積が狭くフェンスによって日陰になる部分が出てしまうような環境では、プライバシーを確保するには全ての窓ガラスの屋内側にミラータイプのシートを貼る方法で一気に解消できます。
このシートは屋内側からは視認性が良い特徴があり、紫外線カット機能が付いていれば他の部分でのメリットも感じられるのではないでしょうか。

明るい平屋を建てるために取り入れたい中庭

平屋の間取りで取り入れたいのは、中庭です。
建物の中心部分に庭を設けると、上空から太陽の光が入ってきます。
そのため室内のどこにいても明るくなり、すべてのお部屋に窓を設けることが可能です。
日当たりが良くなるだけではなく、通風も良好になるため湿気対策にもなるでしょう。
明るい快適な平屋を建てるためにも、間取りには必ず設けたいポイントです。
中庭を設けた平屋というのは多く、ネットで調べてみてもたくさんの施工例が見つかります。
単純に日当たりや風通しを良くする以外にも、子どもを遊ばせる場所として使っていたり、外からは見えないため家族のプライベートな空間として使っていたりなど、活用方法はさまざまです。
建築家に相談すると思わぬ活用方法を提案してくれる場合もあるので、平屋を建てるときには希望の条件に付けくわえるのがおすすめです。
明るく快適であることに加え個性的な住まいにするためにも、間取りの一部に取り入れてみましょう。

リビングを中心にした平屋のメリットについて

平屋の間取りは様々なものがありますが、子育て世帯が平屋を造るのであればリビングを中心にした間取りがおすすめです。
平屋は一階部分しかないため、家族とのコミュニケーションが取りやすくなっています。
特にリビングは家族が集まりやすいスペースになるため、大きくスペースを取ることで家族が集まってもリラックスできる空間を作れます。
また、ここを通らなければ自室に行けないという動線にすることで、子どもが帰宅したときに様子を見ることができるというのもメリットです。
子どもが思春期になり、会話が少なくなったとしても変化に気づきやすくなります。
他の部屋につながりやすい分だけ冷暖房効率が気になるという人もいますが、高さのある天井してしっかり断熱材を入れることで外気温が伝わりにくくすることが可能です。
収納が少ないという点も悩みになってしまうことが多いですが、一角に壁面書棚がついた書斎スペースがあると本などを収納できてスッキリした空間を作れます。

平屋に関する情報サイト
平屋の情報サイト

このサイトでは、平屋についての情報を扱っています。二階建てにはない特徴や間取りの決め方など、役に立つ情報が充実しています。そのため、情報を仕入れて家の購入の検討をしたいと考えている方におすすめです。タイトルで記事の内容がわかるようになっており、知りたい部分だけを拾い読みすることもできます。家の購入には多額の費用がかかり、安易に決めると後悔するので、情報を仕入れて検討するようにしましょう。こちらはその際にきっと役立つはずです。

Search